1年でアクセス数を3倍にするコンテンツマーケティング戦略

が紹介されている。

searchengineland.com

概要

毎日何百万ページも作成されており、その中で抜き出るようなコンテンツを作成することが必要。その方法としては

  • 難易度が低いキーワード(ロングテール)の優先度を上げる
  • コンテンツの階層化(パンくずリスト)と内部リンク最適化
  • リンクの獲得可能性の最大化
  • 既存コンテンツの改修

がある。

キーワード選定

「KWボリューム」「難易度」「アクセスの価値/コスト」が3つの基準。「難易度」に関してはSEMrushで調べるが便利とのこと。手動で難易度を確認する場合は、KWの1ページ目のSERPsを見て、「ブランドページ」「有名サイト」「商品ページ」などが多く存在する場合はコンテンツで勝負できる可能性は低い(=難易度が高い)と想定される。

コンテンツの階層化と内部リンク

ファネルのようなイメージで、上から下までカバーするコンテンツを作成する。上から下までを1つのコンテンツではなく複数でカバーするイメージ。「健康ドリンク>水素水 効果>水素水 口コミ」みたいなイメージかな。

とくにミドルの階層のコンテンツはシェアされやすいし、一度接触してボトムのKW検索しているユーザーへのアドバンテージとなる(一度接触しているから)。また、ファネルの役割のためそれぞれの内部リンクが欠かせない。

リンクの獲得可能性

リンクはSEOにとって重要である。

  • KWボリュームは、リンクの獲得可能性を示唆する1つの指標(少なければ、だれもその話題に関心がない)
  • 上位表示しているユニークドメインの数
  • 上位表示しているページの種類

簡単にできるリンク獲得は、すでに似たようなページにリンクしている人に「このページの方がもっといいから、こっちにもリンクしてくれますか?」ということである。

競合と比較して良いコンテンツを作るには「フォーマットを変える(動画、画像にするなど)」、「ページスピードの改善」「情報元を信頼できるものにする」「情報の最新性を保つ」などがある。

既存コンテンツの改修とアップデート

新しくコンテンツをつくるだけではなく、改修も必要。いままでのハウツーコンテンツに動画を足すなどすれば、パフォーマンスが大きく改善するかもしれない。

または、SERPsを見て特定のコンテンツタイプが多いようであればそちら寄りにアレンジしてもいいだろう。「最終更新日」などの表示も忘れずに。ユーザーは意外と気にしている。

コメント

たくさんの会社がコンテンツマーケティングに取り組んでいるが、成果が出ているのはごく少数だろう。多くの場合、問題は「運用方法」に問題がある。キーワード調査せずに記事をつくり、大量にアップ、しかしアクセスは集まらない...。または、書ける人がいなかったり書いてもクオリティが低くて公開まで時間がかかりコストだけが増えていくケースもある。

そもそもの原因としては、戦略の部分で大して考えずにスタートしているのだ。これではうまくいくはずもない。

この記事で紹介されているのは、実際のライティングスキルではなく上のレイヤーである戦略の部分である。そもそも、"狙いたいキーワードのSERPsを確認している人はどれだけいるのだろうか"。たいていの場合、「このキーワードはいける!」と勝手に思っているだけである。

SEOは結局は競合との比較で決まる。自分が狙う市場(=KW)においてどういった競合がいるのか、内容は何かなどを確認しないままスタートすることはNGだ。ぜひ本記事で紹介されている"戦略"を考えてから実践してほしい。