GamewithのSEOが強い理由を独自で調べてみた

GamewithのSEOは強い。筆者がよくプレイするソシャゲの「シャドウバース」では単一キーワードで公式サイトよりも上位(=1位)に来るときがある(日によるが)。

GamewithのビジネスモデルはSEOで上位にランクインし、アクセスを集めて広告を掲載するモデルだと思うので、SEOの重要性は非常に高い。

加えて、YoutubeTwitterでの情報発信によって流入チャネルも拡大している。筆者は2016年7月ごろにYoutubeのシャドウバースチャンネルに出会い(当時はくすきさん&たけいさんコンビだった)、それ以降このサイトを参考にしている。

今回は、その感謝として(?)SEOの強さを深ぼってみようと思う(ちなみに、筆者とGamewithは何も関係がない)。

SEOの強さを決める要因

まず、分析項目を示そう。筆者がSEOで重要な要素と思うのは下記である

  1. 内部構造
    コンテンツの階層、インデックス最適化など
  2. コンテンツ
    ページのクオリティ。情報の網羅性と専門性
  3. リンク
    外部リンク&内部リンク
  4. ユーザー行動
    直帰率、滞在時間、ページ/セッションなど

このうち、4.はわからないため。1.~3.について述べる

内部構造

・タイトルタグ/パンくず

非常に最適化されている印象である。「シャドウバース」と「シャドバ」が必ずタイトルに入り、その後サジェストキーワードなどをタイトルに入れている。パンくずも、デッキやカードと別れてそれぞれの下層に合っているページを設置している。

日付を入れているのも、情報の新鮮性が重要なソシャゲにおいては大事だろう。

・インデックス

こちらは、少し改善の余地がありそうだ。サイト内のユーザーコメントはクリックしないと表示されない設定になっている。実際に投稿されているコメントをコピペしてGoogle検索してみたが、Gamewithのサイトは検索結果に表示されなかった。クリックして表示させるよりも、アコーディオンの方がいいのではないだろうか(筆者が担当した案件では、アコーディオンの場合はGoogleが認識していたケースがあった)。

※しかも、現状のコメントUIはユーザーにとってわかりづらい。。

f:id:econseo:20171008190358p:plain

・ページスピード

PSIで調べたところ、改善の余地はありそうだ。しかし、すでに上位表示のため優先度は低いだろう。

・ページネーション

Q&Aページを見たところrel=nextはあるがprevはなかった。こちらも優先度は低いだろう。

・URLの正規化

他攻略サイトからアクセスするとURLにパラメータがつくが、正常にcanonicalされている。

少し302があるが、特に問題ではないだろう。

ただ、サイト内検索したページにはcanonicalが設定されているが、検索結果の件数が少ないものにはno indexの方がいいんじゃないかな。

コンテンツ

クオリティは高い(検索エンジン向けには)。

ただ、実際にプレイしている側からするといくつかのデッキは「本当にプレイして調整したのか?」と思ってしまうのもある...。

内容自体は「概要・立ち回り・レシピ・相性」など広くカバーしている。そして「初心者向け」「2pick」「リセマラ」など、ユーザーの検索意図にそったコンテンツが用意されているのも評価が高い。たとえば、ファミ通appのサイトにはリセマラのコンテンツはないが、ユーザーのニーズは高い(検索回数が10万以上)。さらには声優ページもあるw

リンク

Open site Explorerを使ったところ、Gamewithの特徴としては外部リンクの数そのものは他サイトと比較して大きく勝っているわけではない。

※前述のように、露出チャネルが多い分OSEでカバーできていないだけかもしれないが

それよりも、内部リンクが強いと考えられる。

Gamewithは本体サイト、ゲーム攻略サイトなど多くのサイトを保有している。それらのサイトからリンクを貼られることはSEO上大きな効果を発揮するだろう。またシャドウバースのサイトだけ見ても1つのページから関連ページにいくつものリンクを貼っている。これもサイト/ページの強さを高める方法である。

f:id:econseo:20171008190452p:plain

ユーザー行動

ヒートマップで改善の余地はあるのかなあとは思う。結構縦長なので、デッキレシピページには目次がある方がいいかも。

CVにつなげるという意味では、会員登録への導線やアピールはもっと変えられると思う。会員登録のメリットや導線はもっとユーザーに分かりやすくした方がいいだろう。

GAのカスタムディメンションでログイン/非ログインをわけているっぽいので、ログインユーザーがよく使う機能を分析して、その機能を押すとかね。いろいろレコメンドできそうなんだけどなー。ポテンシャルはあるので、今後に期待したい。

まとめ

それではまとめよう。

Gamewithのシャドウバースのサイトは以下の点で大きく競合に勝っている。

SEOの基本構造(コンテンツの階層化、URLの正規化)

・コンテンツの網羅性

・内部リンク

改善点は以下

・コンテンツの専門性(検索エンジン向けというよりはユーザー向けに)

・CVへの導線

毎日サイトを使用させていただいているので、ぜひとももっとより良いサイトにしていただきたい!!