自然検索のクリックが減り、広告へのクリックが増加している

とMoz blogで紹介している。

moz.com

対象はeコマースのクエリらしい。

ここでは、PC/スマホともにSERPsのクリック率が大きく減少しているデータを示している。その理由としては下記

・広告を出すクエリが増えた

・1クエリあたりの広告が増えた

・広告スペースの拡大

Google Shoppingの表示

・広告の色が薄まっている

どうすればいいのか

とはいえ、悲観することはない。クリック数のTOTALで見れば検索回数は増えているからだ。自然検索で減ったとしても、広告やPLAで増えている。

つまり、SEMは「SEO、広告、PLA」を統合的にしなければいけない。あらゆる検索チャネルに最適化すれば、SERPsがどう変わったって良いパフォーマンスを発揮するはずだ。広告とPLAに注力していない通販サイトは、いつ注力すればいいか?いまでしょ!!

コメント

SEOだけではなく、他チャネルも大事ですよねー、という話。たしかに、WEBマーケティングSEOだけでない。あらゆるチャネルの融合が必要だ。とはいえ、実際に統合マーケティングができている会社はどれだけ存在するだろうか。SEOはこの会社、PPCはこの会社というように、任せている会社が別々のところが多いだろう。

統合マーケティングについては、下記スライドが非常に参考になる。

www.slideshare.net

かっこいいなあ。こういった仕事をしたいものだね。