eコマースのトレンドにおいて重要な15のポイント

moz.com

1. 流入チャネルにおけるGoogleのシェアは62%, 売上シェアは63%と依然として高いが、昨年と比較すると5ptほど下落

2. 流入チャネルの多様化。とくにDirect流入が18%を占める

3. 消費者の購入までの日が長くなっている

4. モバイルの流入シェアは多いが、売上ではまだデスクトップの方が多い

5. すべてのeコマースサイトのCVRは1,6%

6. 料理の注文サイトはCVRが16倍

7. サイトの滞在時間がCVRとの相関関係が最も高い

8. GoogleからのCVRは高い(=Googleはユーザーから信頼されている)

9. タブレットユーザーは購入金額が高い

10. リピーターのCVRはやはり高い

11. ページスピードは大事

12. モバイルのPV数増加は売上をスピーディに伸ばせる

13. メールマガジンも大事

14. BingのCPCは価値が高い

15. pinterest流入が多いサイトは平均単価が高い

 

とのこと。どれもなるほどな~という印象。筆者はこういったデータが好きなのだけど、偉い人からすると「こういう数値に振り回されるのではなく、ユーザーのことを考えろ!」なのだろうw

ECサイトはマルチデバイスとオンライン/オフラインの問題があるから、効果測定が難しいよなあ。あと、スマホ優先かデスクトップ優先か、もね。個人的にはスマホ優先だけど、売上からみたらデスクトップがやはり多い。これもマルチデバイスの問題が解消すれば解決するかも。